Life is goin' on
juliの日々の暮らしの記憶の記録
Home Life is goin' on 〜 日々の暮らしの記憶の記録
julism + Life is goin' on julism + Profile
julism + mailbox ポマクリ☆ポメクリ
リハビリに高尾山
年明けに発覚したヘルニアが随分改善されて来たので
リハビリに前から行ってみたかった高尾山に登る事に。日の出

途中まではリフトかケーブルカーで行こうと思っていたが
長蛇の列で待つのが面倒くさいので諦めて自力で登る事に。

私のちょっとやそっとのジム通いじゃ通用しない急な山道に
旦那様との会話に相づちを打つ余裕すら無く黙々と登り続ける。



休憩ポイントで休憩がてら写真を撮ってはまた登り
途中で見かけた祠でお賽銭を入れて腰痛平癒を祈願。



リフト乗り場でトイレ休憩して次にケーブルカー乗り場まで行くと
さっきまでのキツい傾斜が嘘の様に緩やかな山道で一気に頂上まで。



山の頂上でしばし景色を堪能したらアイスを食べたり
おみやげを物色したりと気軽な観光気分で山を下りる。



もちろん名物の三福だんごも。ラッキー



帰りこそリフトかケーブルカーに乗ろうと行ってみるが
行きより更に長い順番待ちに断念して足ガクガクで下山。

汗だくで麓に降りるとおみやげを買って食事でもと思ったが
お蕎麦とせんべいの店しか見つけられなくて新宿まで戻って
お腹ペコペコでてんやに駆け込んでがっつり豪勢に大人食い。

汗をたっぷりかいて身体を動かした後のごはんは激しく美味い!モグモグ
juli | 東京行脚紀行 | 23:42 | comments(2)
back to page top
ガンダムの後ろ姿
ゴールデンウィークが始まったばかりで混雑する中
この春マイブームになっているお台場に行って来た。GO!

実は先週も豊洲のららぽーとへ行って来たし
先々週はポムも一緒にお台場に来ているので
なんと三週連続の湾岸エリア出没だったりする。

アクアシティでランチを食べてから
昭和の風情の台場一町目商店街を抜けて
一周年記念セール中のダイバーシティへ。

せっかくなのでガンダムの後ろ姿でも撮ってみる。

戦利品はルートートの地球儀バッグと
チキンラーメンのひよこちゃんグッズ。

ヘルニアでしばらく遠出が出来なかったので
4月に入ってからはおでかけ三昧なのである。ラッキー
juli | 東京行脚紀行 | 23:37 | comments(2)
back to page top
お台場海浜公園へ
暑過ぎず寒すぎず、お天気もよくて絶好のおでかけ日和。おてんき
ポムを連れてお台場海浜公園へ行って来た。(ポム版はこちら



砂浜に打ち上げられたクラゲにポム共々興味津々。ピピピ
ドロドロになって遊んだあとは緑あふれる公園へ。



台場というだけあって大砲の残骸なんかもあるが
ポムも一緒にのどかな春の一日を過ごせて満足。ラッキー



ポムはまだ遊んでいたそうな顔をしていたけど
ペットも入れるアクアシティのフードコートで
たこ焼きを食べて今日のところは帰るとするか。家
juli | 東京行脚紀行 | 23:30 | comments(2)
back to page top
東京スカイツリー
そろそろほとぼりも冷めただろうと東京スカイツリーへ行ってみた。
といってもクリスマス時期だからそれなりには混んでいたのだけど。

巨大過ぎて近づけば近づく程に全体像が撮れなくなるので
とりあえず少し離れて上まで見える場所から全体像を撮影。



テラスではドイツのクリスマスマーケットが催されていて
懐かしのグリューヴァイン(温かいワイン)を飲んでみる。



東京ソラマチでお買い物に夢中になっている間に日も落ちて
お昼はたいして並んでいなかった当日券売り場も行列になり
旦那様の具合も悪くなって来たので展望台は諦めて帰る事に。撃沈



次に行った時には絶対に登ってやるぞ!と決意表明。モゴモゴ
juli | 東京行脚紀行 | 23:38 | comments(0)
back to page top
丸の内の赤レンガ駅舎
長らく工事中で覆いのかかった姿しか見てなかった
東京駅の復元工事が終わったという事で行って来た。GO!


東京駅の構内に設置してあるポストは
ドームが付いててモダンな駅舎仕様。
ここから送るといい事あるかも。イヒヒ


エキナカもお洒落なお店がいっぱいあって見所満載。てれちゃう



見事に昔の姿に復元された丸の内の赤レンガ駅舎。拍手



ドームの内側の細部まで再現されている。
そういえば昔ここを見上げる地井武男を見かけたっけなぁ。


幻想的にライトアップされた姿も撮ってみたくて
暗くなってからもう一度写真を撮りに行ってみた。


でも夜景にはやっぱり三脚がないと難しいみたい。撃沈
juli | 東京行脚紀行 | 23:22 | comments(0)
back to page top
駅に激近の水族館
サンシャイン水族館は先日従姉妹と行ってしまったので
旦那様とは今年の夏はエプソン品川アクアスタジアムへ。

せっかく品川に行くのだからと日本上陸の噂を聞きつけて
ランチは以前ニューヨークで行った事のあるレストラン
グランセントラルオイスターバー』でシーフード三昧。ディナー

魚達に会いに行く前にも拘らずたらふく魚介類を食べて
ターミナル駅からこんなに近くに水族館があるなんて!
と、びっくりしてしまう程の近距離にある水族館へ。

イルカのショーが始まる時間まで水族館を見て回り
華やかな模様や色合いのお魚や笑顔のお魚を発見!



私のお気に入りのチンアナゴも可愛く撮れた。
顎の受け口具合がポムにも通ずるような横顔。

犬の狆に似ているから付いた名前なんだったら
ペキニーズに似ていてもおかしくはないのか。



仏頂面の魚もそれはそれで愛嬌があるものだ。
というか、魚って基本的に口角下がりめだったっけ。たらーっ

群れに背を向け壁に向う哀愁の後ろ姿のペンギンと
一人部屋で孤独ながらも悠々と泳ぎ回るアザラシ。



開園時間が始まってイルカのプールへ行くと
初っぱなから素晴らしい芸を見せてくれた。ラッキー



トレーナーのお兄さん達もまるで海の生き物の様に
イルカと一緒にお客さんにプールの水をかけまくる。冷や汗



飛ぶは立ち泳ぎするわボールは持つわで
イルカの頭の良さや身体能力の高さに感激。拍手



水族館自体は小さいのだけどイルカのショーには大満足だ!

水族館の入り口にある幻想的なメリーゴーランド。
どうやら馬じゃなくて海の生き物に乗れるらしい。

あの迫力のあるイルカのショーを見た後には
気分だけでもと乗ってみたくなるのかもな。

暑い夏の水族館は一服の涼を与えてくれる。
家に帰ったらポムアナゴも観察しようっと。イヒヒ
juli | 東京行脚紀行 | 22:57 | comments(0)
back to page top
従姉妹と水族館
一年経ってそろそろほとぼりも冷めた頃なので今年の夏こそ旦那様と
リニューアルしたサンシャイン水族館に行く事を計画していたのだが
件の従姉妹が水族館が好きで今回是非とも行きたいという事になって
代案を考えつかず旦那様には申し訳ないのだが一足お先に行って来た。

安くて美味しいものを食べさせてやろうと
池袋なのでまずはランチにもうやんカレー。ディナー

ランチタイムは破格の価格で食べ放題の設定なのだが
いつも食べ過ぎて後で苦しくなるので控えめに食べて
お腹が満たされると目的のサンシャイン水族館へ。

チケットを買おうとしたらプラネタリウムとセットにするとお得なようで
せっかくなのでサンシャインシティのプラネタリウムにも行ってみる事に。

真っ暗な中でリクライニングシートに沈み込んで星空を眺めていたのだが
食後すぐというのもあって、途中から睡魔に襲われてウトウトしてしまい
上映が終わって場内が明るくなってからハッと我に返った私なのだった。唖然


あぁぁ、勿体ない。ムニョムニョ


言い忘れていたが、もうやんは食べ過ぎるとあとからガツンと来る。
初もうやんで調子に乗って何度もお代わりをし食べ過ぎた従姉妹は
案の定その洗礼を受けて途中からは星空どころじゃなかったらしい。撃沈

というわけで、せっかくのプラネタリウムだったのだけど
残念ながらお得なのかどうかは不明な結果になってしまった。

無駄に時間とお金と労力を使ってしまったけれど
気を取り直して新しくなったサンシャイン水族館へ。プシュー



チンアナゴとニシキアナゴのコラボが可愛い。
旦那様の好きな箱フグを発見しておみやげ写真に。ポッ


大きな水槽の中ではスタッフが魚にまみれて泳ぐ
パフォーマンスが行われていて黒山の人だかり。


そして巨大なマンボウに度肝を抜かれる。びっくり



幻想的なクリオネにクラゲ。



赤いクラゲなんて初めて見たよ。ピピピ



水に浸かったイグアナの尻尾のあまりの長さに驚愕。
なんとかギリギリでカメラに収まってくれたけれど。


よく見るとみんないい顔してる。ニコニコ



ガーデンエリアに出るとアシカのショーが始まるところ。



ボールを持ったりポールを持ったり被り物を被ったり
アシカって本当に頭が良くて芸達者だなぁと感心する。

ペリカンのフィーディングを見たら裏返って眠るアルマジロを激写。
うちでもポムマジロがよく同じ様な格好で鼾かいて寝てるんだけど。イヒヒ



サービス精神旺盛なアシカと一緒に写真を撮ったりして楽しんで
ラッコのフィーディングを見てお土産を買ったら水族館から撤退。プシュー

それからGODIVAのショコリキサーなるカロリー爆弾を飲んで
衝撃の別人顔になるプリクラを撮ったりセールを物色したりして
地下鉄で東京駅まで移動して会社帰りの旦那様も合流してお見送り。

前日も前々日も遊んでこの日も朝から東京の東端の友人宅から来て
池袋でも一日中遊びまくって夜に新幹線で帰って行ったタフな彼女。

私はといえば中一日しっかり休んで昼からの参加なのに
この日もやっぱりくたくたのボロボロになったのだった。撃沈
juli | 東京行脚紀行 | 22:39 | comments(0)
back to page top
大人になった彼女
年の離れた従姉妹から唐突にメールが送られて来て
東京にライヴを見に来るのでついでに遊ぼうとの事。メール

年賀状とメールくらいでしかやり取りをしていなかったので
会うのは彼女が子供の頃以来で実に20年近くぶりという事になる。

というか、大人になった彼女に会うのは初めて。

私がオムツを替えていた赤ん坊がいつの間にかすっかり
大人になってママにまでなっているのだからびっくりだ。びっくり

お互い大人になったせいかさほど年の差も感じずに
普通の友人の様に世間話をして遊びの予定を立てて
韓流好きの叔母のおみやげを購入ついでに新大久保でランチ。ディナー



サムギョプサルはただでさえあっさりしていてヘルシーなのに
石焼きなので舌を火傷する程に熱くてゆっくりしか食べられず
次第にお腹がいっぱいになってくるのでダイエットには最適かも。イヒヒ

おみやげ購入の任務を果たしてお腹もいっぱいになるとお台場へ。
旦那様と二人じゃ入る機会もなかったフジテレビの展望台へ登る。

踊る大捜査線のセットが置いてあったので
踊る好きの友人に送る用に写真でも撮ってみるか。カメラ



展望台からは東京タワーとスカイツリーが見えた。



フジテレビならではの番組セットやキャラクターと写真を撮って
私世代ど真ん中の永遠の定番キャラクターグッズなどを購入して
ヴィーナスフォートでセールを物色してと休憩無しで歩きまくる。

で、従姉妹をライヴ会場まで送り届けて今日のところは解散。プシュー

早朝から夕方まで一緒に遊んで帰りの電車ではもうぐったりの私に比べて
更にこれから踊りまくりのライヴに行くというのだからさすがに若い彼女。

話している分には大して年の差も感じなかったけど
体力面ではがっつり年の差を感じざるを得なかった。撃沈
juli | 東京行脚紀行 | 20:01 | comments(0)
back to page top
神宮外苑銀杏並木
秋を感じに神宮外苑の銀杏並木に行って来た。



見事な黄金色の銀杏並木は大勢の人で賑わっている。



銀杏以外の紅葉も色鮮やかで目に嬉しい。



桜と同じで銀杏も幹から唐突に生えるもんなのね。 [:ふぅ〜ん:]
juli | 東京行脚紀行 | 17:15 | comments(2)
back to page top
浜離宮の菜の花畑

この季節になると見かける浜離宮の菜の花畑の映像。
せっかくの春なのに今年は外出も控えめだったので
気分転換にふらりと菜の花でも見に行ってみる事に。


園内には菜の花だけでなく椿なんかも咲いている。



江戸時代から続くという、立派な三百年の松



で、真っ黄色の一面の菜の花。花



都会の真ん中にある大きな公園って癒される。
でも菜の花ってちょっと匂いキツいんだけど。[:ふぅ〜ん:]



菜の花畑の奥には巨大な竜舌蘭も鎮座している。
自然と高層ビルのコントラストが都会っぽい図。



みんな整然と上を向いて咲いて、まるでハヌカの燭台みたい。



春を迎えていろんな植物が顔を出して来ている。



蕾も可愛く、まるで造化の様に見事な乙女椿。



気付けばもう4月、桜も咲いている。桜



せっかくなので花だけでなく庭園内を堪能する事にして
お伝い橋を渡って中島の御茶屋を通り越して向こう側へ。



そこに現れた富士見山という名の小高い丘に登ってみる。
高層ビルのない昔には富士山が見えたりしたのだろうか。



私好みの猿の腰掛けの生えた大きな切り株やら
蛇の様に横に育つ木やらを眺め森林浴を楽しむ。



最後にもう一度、菜の花畑を横切ったら閉園時間。



植物の芽吹く春の庭園散策はやっぱり気持ちいい。ラッキー
juli | 東京行脚紀行 | 21:58 | comments(2)
back to page top
| 1/2pages | >>